光と風と薔薇と

移りゆく季節をなにげなく表現するブログ

夜に眠る木:ネムノキ

おはようございます♪  6月もラスト、今年も半分が過ぎていきますね。今日は朝から大雨、雨の音に起こされた感じです。

 

梅雨の晴れ間、常願寺川の河原で、ネムノキ(合歓の木)が咲いています。長い間、洪水がないのでしょう。河川敷の木々は、大木になっているものもあります。

 

ネムノキ(合歓木、Albizia julibrissin

マメ科ネムノキ亜科の落葉高木。和名のネムは、夜になると葉が閉じること(就眠運動)に由来する。夏の季語で、古くは万葉集や松尾芭蕉、与謝蕪村の句に登場するそうです。葉が似ているネムノキ類にオジギソウがあります。こちらも就眠運動をしますが、加えて触れるだけで葉を閉じてしまいますね。

 

 

のびのびと枝を広げています。

f:id:Paradisia:20190625192716j:plain

 

ハケのような不思議な花。花びらはありません。

f:id:Paradisia:20190625192733j:plain

 

紅色なのはおしべ。

f:id:Paradisia:20190625192755j:plain

 

雲がぽかりと。暑い夏の気配。

f:id:Paradisia:20190626080431j:plain