光と風と薔薇と

移りゆく季節をなにげなく表現するブログ

ウメジローにジョビ子:馬場記念公園の南日梅林

おはようございます♪ 今日は雨模様。

 

写真は馬場記念公園の南日梅林で。2/28の撮影で、何本もの梅が咲いてきて、にぎやかになってきていました。

 

何羽かのウメジロー(メジロ)やジョビ子(ジョウビタキのメス)がやってきましたが、それよりも多いのがカメラマン(笑)。

 

 

馬場記念公園の南日梅林

右の方に何人ものカメラマン。

 



南日梅林の表示。

 

 

ウメジロー

にらまれました(笑)。。

 

 

首を長くして。

 

 

チュ♪

 

 

ジョビ子も

ジョウビタキのメスです。小首をかしげています。

 

 

飛び立ちました。

 

 

あとがき

ちなみに、南日梅林の名前は、旧制富山高等学校(現富山大学)の初代校長・南日恒太郎(なんにち・つねたろう)にちなんでいます。

 

 

雌花は見つからず:セリバオウレン

こんばんわ♪ 今日はひな祭りなので、雄花と雌花の話を。

 

写真はセリバオウレン。上市町にある薬用植物指導センターで。

 

お雛様のように、雄花と雌花、そして両性花がありますが、ちょっと探したところ、雌花は見つかりません。数は少ないようです。

 

前日の雪で埋もれましたが、溶けるにしたがって、しなやかな花枝が頭をもたげていました。

 

名前の由来は、小葉がセリの葉のように細かく切 れ込むことからです。

 

雪ニモマケズ

頭を持ち上げています。

 

 

雄花

外側の5枚はガクで、その内側に花びらがあります。たくさんのおしべがあり、花粉を出す頃になると、外側へ広がっていきます。

 

 

 

両性花

中央に紫褐色のめしべがあります。 おしべがない雌花のようですが、わずかなおしべがあります。

 

 

雌しべは最初中央にまとまっていますが、受粉のため外側に開いてきます。

 

 

緑っぽいめしべ。

 

 

ガクがうっすらピンクの個体です。

 

 

セリのような葉

夏以降葉をつけています。

 

 

あとがき

近くに咲いていた福寿草は徒長して大きくなっていました。曇り空なので、十分に花は開花していません。太陽光を集めるパラボナアンテナの効果がないためですね。

 

 

富山地鉄とペアの雪だるま

おはようございます♪  ひな祭りの今日は曇り空。

 

写真は、富山地鉄立山線、雪の降った昨日3/2の撮影です。

 

定番スポットでもあり、何度か撮っている場所なので、変化をつけようと、積もっていた雪で雪だるまを作ってからめてみました。

 

ひな祭りらしく、ペアです。ただ、目鼻などのパーツが見当たらなかったので、ボディだけです(笑)。

 

 

富山地鉄立山線

立山駅を出て真川橋梁を渡ります。

 

 

白くなった立山山麓の山肌。右下を地鉄が走ります。

 

 

千垣橋梁を渡ります。右手前にペアの雪だるま。真川橋梁で撮ってから途中で道草を食いましたが、なんとか間に合いました。

 

 

やってきたステンレス車両。地味なので、ピントは雪だるまに(笑)。

 

 

あとがき

この日の千垣橋梁には、奈良から車でやってきた青年が2台のカメラを構えていました。かぼちゃ電車を撮りたいとのことでしたが、往復便が撮れたようで、良かったですね。