光と風と薔薇と

移りゆく季節をなにげなく表現するブログ

ホスタいろいろ

おはようございます♪ 昨日の地震、こちらでも感じましたね。夜が明けて、被害が明らかになっています。大したことがないといいのですが。

 

庭でホスタ(ギボウシ)が自慢の葉っぱを広げています。色が微妙に違うので、集めていた頃がありました。数えてみたら、全部で10数種類、20株ほどあります。

やがて、花も咲きますね。地味ですが(笑)。

 

写真は、光を浴びるジューンフィーバー。

f:id:Paradisia:20190603123846j:plain

 

ホスタのメリット

日陰に強いので、シェードガーデンにも向いています。特に大型種は、大きな葉っぱを何層にもひろげるので、下には草が生えず、防草効果があります(笑)。

秋の紅葉を楽しめる品種もありますが、冬には枯れてしまい殺風景になります。なにもないように見えるので、別の花を植えようとして、株のあるところを掘り返したりするので注意が必要です(笑)。

 

葉っぱの大きさの比較

十分に成熟した株の、なるべく平均的な葉を採って比較してみました。中央付近にあるのが、100円玉です。

左から、小型種のジューンフィーバー、中小型種のリトルオーロラ、中型種のオーレオマルジナータ、そして、我が家最大級、大型種のフランシスウィリアムズです。

 

f:id:Paradisia:20190603115955j:plain

 

小型~大型というのは、生育時期や環境によって違いますね。ハルシオンなど、店では小さなかわいい葉っぱの株が売られていますが、庭では大きく育ちます。また、品種名は、販売店などによって微妙に異なる場合があります。

 

小型種

ゴールデンティアラ

コンパクトに密生する小型種です。

f:id:Paradisia:20190603125103j:plain

 

ジューンフィーバー

芽吹きは浅瀬やかな黄色で、やがて黄緑色になります。明るい色なので、日陰を明るくしてくれます。

f:id:Paradisia:20190603125330j:plain

 

ピルグリム

芽出しの時のゴールデンイエローの縁取りは、 クリームがかった白に変化します。上に咲いているのはクレマチスのナイトベール。

f:id:Paradisia:20190603134156j:plain

 

中小型種

ホワイトフェザー

芽吹きは真っ白で、やがて緑の筋が入ってきます。夏になると緑に変わります。 生育は遅めです。フェザーというだけあって、葉っぱにみずみずしさがなくて、枯れた感じもします(笑)。

f:id:Paradisia:20190603122315j:plain

 

リトルオーロラ

明るい黄緑色一色で、日陰を明るくするので、何箇所かに植えてあります。

f:id:Paradisia:20190603134727j:plain

 

 

 

中型種 

ハルシオン

最もブルー系の葉っぱです。秋も美しいので、おすすめです。オレンジ色に紅葉し、葉がしっかり残ります。ヒメシャラの花が落ちていたので、カメラ目線で♪

f:id:Paradisia:20190603121339j:plain

 

ホイールウィンド

ホイールウインド(つむじ風・旋風)の意味のごとく、芽吹き時は、中央がツイストしますが、やがて深い緑色になってきます。

f:id:Paradisia:20190603122725j:plain

 

パトリオット

左から、ハルシオン、白い縁取りのパトリオット、リトルオーロラ。まだ葉が小さくて、草を防ぎきれていない領域。

f:id:Paradisia:20190603135706j:plain

 

ミッドウェストマジック

中央は黄色の縁取りのミッドウェストマジックと、左奥にちらっと見えるハルシオン。アジサイはヒメアジサイの七変化です。

f:id:Paradisia:20190603135457j:plain

 

オーレオマルジナータ

濃い緑にクリームの縁取りです。右奥はリトルオーロラ。

f:id:Paradisia:20190603134952j:plain

 

大型種 

大きくなると、直径1メートルほどに広がります。広い場所が必要です。

 

フランシスウィリアムズ

青みがかった緑に黄緑の斑入りです。株張り1m以上にもなる大葉ギボウシ系です。

 

f:id:Paradisia:20190603140147j:plain

 

 

6月の庭の花

おはようございます♪ 今日は梅雨の晴れ間ですね。

 

6月の庭の花です。雨の日は、水をまかなくていいので助かります。何日かに渡っているので、もう枯れたし花もあります(笑)。 

 

次々と咲く赤いバラ、ドンファン。深みのある赤が美しいですね。

f:id:Paradisia:20190605131949j:plain

 

オレンジ、黄色、ピンクと、色が変わるスペクトラ。まとまりがなく、高いところでたくさん咲いています。

f:id:Paradisia:20190605132021j:plain

 

文豪ゲーテに捧げられたという、ゲーテ・ローズ。まだ鉢の中で育成中。

f:id:Paradisia:20190615180620j:plain

 

雨でぐちゃぐちゃの、ラ・パリジェンヌ。デルバールのバラです。

f:id:Paradisia:20190615182441j:plain

 

水まき用のホース、いちいち巻き取るのが面倒で、昨年、ホースかけをDIY。バサッとかけられるので、便利です。さっそく、バラやクレマチスが絡んできて、使いにくくなりました(笑)。

f:id:Paradisia:20190615175236j:plain

 

暑い夏に強いエキナセア。もう咲いてきました。お疲れ気味のパラドクサ(左)と、中の小さな花が咲いているフラダンサー。

f:id:Paradisia:20190615175705j:plain
f:id:Paradisia:20190615175719j:plain

 

ドクダミさん、むしる時のニオイがきついので、勢力拡大中です♪

f:id:Paradisia:20190618060825j:plain

 

ヒヤシンスの球根を掘り上げたら、サフランも出てきました。植えたのをすっかり忘れてました(笑)。 ヒヤシンス、分球しにくいはずですが、小さな球根がついているのもありますね♪ 

f:id:Paradisia:20190618061037j:plain

 

 

 

 

花しょうぶ祭り2019:頼成の森

おはようございます♪ 今日は曇り空ですね。

砺波市にある頼成の森(らんじょうのもり)では、花しょうぶ祭り2019が開催されています。ここはスケールが大きくて、600品種、70万株ということです。

 

今年から、施設老朽化とかで足湯がなくなりました。下は入口付近。このあたりの開花が一番早い感じですね。

f:id:Paradisia:20190614064827j:plain

 

花しょうぶマップ。下のスケールにあるように、山の谷間に、約1kmにわたって植えられています。だんだん上へ(右へ)登っていきます。左側、下の方ほど開花が早い感じですね。

f:id:Paradisia:20190614064842j:plain

 

左の小高いところにあるのが「呈茶席」。中程にあります。「おいしいお菓子で おもてなし」だそうで。

f:id:Paradisia:20190614070640j:plain

 

一番下のしょうぶ園。毎年、いち早く開花しています。

f:id:Paradisia:20190614065507j:plain
f:id:Paradisia:20190614065444j:plain

 

 

うす汚れてますが、ハナショウブの品種系統の解説板。

f:id:Paradisia:20190614071108j:plain

 

ここは品種名がきちんと表示されています。左は長井系の「山紅葉」で、右は昨年のアンケートで2番人気だったという江戸系の「小町娘」。

f:id:Paradisia:20190614070116j:plain
f:id:Paradisia:20190614070129j:plain

 

アンケートの一番人気は深いブルーの「深海の星」でしたが、開花はいまいち。下は似たような花。

f:id:Paradisia:20190614070550j:plain

 

背後の黄色い花はアサザ。

f:id:Paradisia:20190614070608j:plain

 

手入れされている人たち。

f:id:Paradisia:20190614070509j:plain

 

この季節、周囲にはアジサイも。

f:id:Paradisia:20190614070620j:plain

 

 

頼成の森:花しょうぶ祭り2019

地図のトイレあたりが入り口です(笑)。駐車場は800台あるそうですが、期間中はかなり混雑します。詳細は、とやま暮らしイベントを。