光と風と薔薇と

移りゆく季節をなにげなく表現するブログ

夏の桃色:2000年前の大賀ハス

おはようございます♪ まだしばらくは梅雨空が続きそうですね。

 

ねいの里の水辺の生態園の池では、古代ハスの大賀ハスが咲いています。今年は少なめで、4輪でした。ツボミの数もそんなにありませんでしたね。

 

 

大賀ハス

1951年(昭和26年)、故大賀一郎さん(当時関東学院大学教授)が、千葉市の東京大学農学部の農場で、今から2000年以上前の縄文時代に咲いていた古代ハスの種を発見し、開花させたという古代ハスです。発見地にちなみ、千葉県の天然記念物、千葉市の花にされています。

 

ただ、ネットには、上と似た内容はあふれているのですが、生物学的に別種なのか、普通のハスとどう違うのかについて紹介したサイトはありませんでした。

 

 

ハスの花の4日間:千葉市観光ガイドによると、花びらは深夜から開き始め、朝に全開になり、昼にはやや閉じます。4日間咲きますが、2日目の朝が一番美しく、3日目には花色はややあせるそうです。

 

丸みを帯びた緩やかなカーブが美しいですね。

f:id:Paradisia:20190713192211j:plain

 

 

今回のレンズは、 Sigma 135mmF1.8DG HSM Art(左)と、 SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS。いずれも開放で。表示以外は135mmでの撮影です。

周囲のボケ方がかなり違いますね。

f:id:Paradisia:20190714063835j:plain
f:id:Paradisia:20190713192323j:plain


 

大賀ハスの特徴として、以下の点があげられています。普通のハスとの違い、並べて比較してみないとわかりにくいですね。

 

 薄紅色の一重咲き

 条線(花びらにある縦筋)が不明瞭

 

落ちていた花びら。桃のようです。条線はしっかりあるようですが。SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSSで。

f:id:Paradisia:20190713192635j:plain

 

 

ねいの里では、2004年に7株を入手したそうです。

f:id:Paradisia:20190713192849j:plain

 

 

中心部にある花托(かたく)。めしべでの黄色い柱頭だけが外にでています。受粉すると黒ずんできます。やがて蜂の巣のようになり、種子ができます。

SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSSで。参考:日本蓮学会

f:id:Paradisia:20190714074602j:plain

 

 

富山県自然博物園ねいの里・水辺の生態園

小さな池です。

 

 

 

富山地鉄とラベンダー

こんばんは♪ 梅雨空が続きますね。

 

富山地方鉄道の下段駅近くの道路脇には、毎年、たくさんのラベンダーが咲きます。せっかくなので、電車とからめて撮ってみました。

 

ほんとは青空の日に撮りたかったのですが、今年は梅雨が長引き、晴れの日はほとんどなく、そのうち、花は終盤になってしまいました。。。写真は7月7日の撮影です。

 

 

道路脇で野生化したように咲いています。

f:id:Paradisia:20190714081631j:plain

 

電車がやってきました。立山線なので、稀にしかやって来ません。左下の赤い自転車がアクセント♪

f:id:Paradisia:20190714081646j:plain

 

かぼちゃ電車を期待したのですが、一番地味というか、味気ない色(笑)。

f:id:Paradisia:20190714081658j:plain

 

 

立山町榎・下段駅付近

 

 

 

打ち上げ花火のような:アーティチョーク

おはようございます♪ 今日は海の日。 しかし、せっかくの3連休もぐずついた日ばっかりですね。

 

7月も半ば、富山も花火のシーズンです。

 

ただし、打ち上げる数は1000~3000発程度と少なく、一発一発丁寧に、散発的に上がるのが特徴です。なので、新聞はいつも多重露光という合成写真です(笑)。

 

そんな夏の打ち上げ花火のようなアーティチョークの花が咲いています。

 

 

アーティチョークCynara scolymus

キク科チョウセンアザミ属の多年草。地中海沿岸カナリア諸島が原産で、和名はチョウセンアザミ。若いつぼみが食用とされます。直径10~15cmの頭状花序から紫色の多数の筒状花を咲かせます。 

 

 フォーカスインで撮影した花火のようです。

f:id:Paradisia:20190714103034j:plain

 

大きなアザミのイメージ。手のひらほどのサイズです。

f:id:Paradisia:20190714104022j:plain
f:id:Paradisia:20190714102943j:plain

 

 こうなると、もう食べられませんね(笑)。

f:id:Paradisia:20190714103012j:plain

 

トゲのようなのはおしべで、白い粉は花粉、めしべはトゲの中にいるようです。アザミについて、 KEIZO IMAI's HomePage で紹介されています。

f:id:Paradisia:20190714102959j:plain