光と風と薔薇と

移りゆく季節をなにげなく表現するブログ

小さなバラのような:エッチュウミセバヤに新芽

おはようございます♪   あいかわらず、スポーツ以外の年末年始のTVはつまらないので、Amazonのプライムビデオです(笑)。

 

しかし、これも、検索できないとか、見た番組と見ていないのが区別しにくいとか、利便性がいまいちですね。

同じ番組を二度見し途中で気がついたことが何度か(笑)。

 

年もおしせまり、エッチュウミセバヤ、葉が紅葉として紅くなってきました。

 

エッチュウミセバヤ(ベンケイソウ科)Hylotelephium sieboldii var. ettyuense

多年生の多肉植物であるミセバヤの一種で、富山県唯一の固有種です。1995年に旧大山町の崖で確認されました。環境省2000年版では絶滅危惧ⅠA類としてリストアップされているそうです。

 

 

真ん中から放射状に茎が伸びて、その先端に花が咲きます。

f:id:Paradisia:20191222173101j:plain

 

花はもう枯れています。

f:id:Paradisia:20191222172215j:plain

 

茎の根元には新芽が♪ 小さなバラのようですね。

f:id:Paradisia:20191222172255j:plain

 

葉っぱは枯れますが、枝を小さく切って放置しておくと、節から新芽が出てきます。まだ根は出てきません。すごい生命力ですね。

f:id:Paradisia:20191222172357j:plain

 

肉厚な葉が美味しそうなので、小鉢に入れてみました(笑)。

f:id:Paradisia:20191222172545j:plain