光と風と薔薇と

移りゆく季節をなにげなく表現するブログ

テレビから Amazon や ABEMA に:安田城跡のハス

おはようございます♪ 昨日は土砂降りもありましたね。しばらくは傘マークが続く予報です。

 

そういえば、最近、テレビを見る時間が減ってきましたね。食事時のニュース番組程度でしょうか。

 

では、今までテレビを見ていた時間は、いったい何をしているかと言うと、

 

1) Amazon プライムビデオ:映画を。 例えば、ランボー /ラスト・ブラッドの公開に合わせて、4つの旧作を見直しました。内容、かなり忘れてました。

2) ABEMA テレビ:藤井君の将棋。長考の場合は、釣りとか麻雀とか。

3) Kindle 読み放題 漫画とか雑誌とか。本は少なめ。。。

4) Amazon Music:ジャズかボサノヴァのステーションをBGMにしています。 

 

結局、ほとんど、ディスプレイを見ているわけですが(笑)。いずれも、在宅や巣篭もりで利用が増えているようですね。

 

さてさて、前にスイレンの花を紹介した安田城跡では、ハスの花が咲き始めました。

 

 

fleur.paradisia.jp

 

 

顔を出した大輪

いつもながらドロドロの沼から、美しい花を咲かせます。

 

f:id:Paradisia:20200629172449j:plain

 

葉っぱが多くて、ハスの花は離れたところに数えるほど。

 

f:id:Paradisia:20200629172508j:plain

 

白いスイレン

青空や詩文の姿を水面に写して、すがすがしい白。

 

f:id:Paradisia:20200629172520j:plain

 

ここは白いスイレンが多いですね。

 

f:id:Paradisia:20200629172536j:plain

 

常緑のネムノキ・トキワネム

おはようございます♪ 今日も梅雨空ですね。

 

野山では、ネムノキが、たくさんの紅い花をつけています。

 

そのネムノキの仲間で、常緑の種類が植物園で花をつけていました。花も葉もそっくりですが、大木にはならないようです。

 

こちらは普通のネムノキの花

常願寺川の川原は花盛りに。大木をピンク色に染めています。

 

f:id:Paradisia:20200628124917j:plain

 

長い雄しべが特徴的です。

 

f:id:Paradisia:20200627143224j:plain

 

常緑のトキワネム(カリアンドラ・セロイ)

こちらはネムノキに似ていますが、ブラジル原産の常緑樹で、夏から秋にかけて数回咲きます。

 

f:id:Paradisia:20200627142601j:plain

 

ネムノキに似て、ふわふわとした長い雄しべが特徴的な花。

 

f:id:Paradisia:20200627142615j:plain
f:id:Paradisia:20200627142625j:plain

 

同じマメ科で、葉も似ています。

 

f:id:Paradisia:20200627142659j:plain

 

ネムノキほど大木にはならないようです。

 

f:id:Paradisia:20200627142540j:plain

 

 

食用や薬にもなるヤブカンゾウ

こんばんは♪ 今日は梅雨空、雨も降ってきました。

 

朝はヘメロカリスの花でしたが、いずれも園芸種でした。庭では、同じ属の野生種、ヤブカンゾウが咲いています。

 

植えた覚えのない花なんですが、あちこちで出没するので、我が家では駆除対象です(笑)。

 

この花、食用になったり漢方薬にもなったりと、意外と古くから利用されてきた花なんですね。

 

 

ヤブカンゾウHemerocallis fulva var. kwanso

ツルボラン科ワスレグサ属の多年草。夏にユリに似た、オレンジ色の八重の花を咲かせます。日本のヤブカンゾウは、三倍体のため結実せず、ランナーを伸ばして広がります。

芽吹いたばかりの若葉は、ゆでて酢味噌あえなどで食べることもできます。また、生薬にもなり、根が萱草根(かんぞうこん)として、利尿や消炎薬などとして、開花直前の花蕾を乾燥したものが金針菜(きんしんさい)として、消炎、止血薬などとして用いられます。

似た花にノカンゾウがありますが、こちらの花は一重です。 

 

春に伸びる葉っぱ

春になると、細長い葉が伸び始めます。

似た花にナツズイセンがあったりして、どんな花が咲くのかちょっと期待して、そのままにしておくのですが・・・。

 

しかし、ほどんど全てが、ヤブカンゾウのぐちゃぐちゃした花が咲き、がっかりです(笑)。

 

f:id:Paradisia:20200703080818j:plain

 

一日花ではないヤブカンゾウ

学名のヘメロカリスは、ギリシア語で「一日」を意味する「へメロ」と、「美」と言う意味の「カロス」が由来で、一日でしおれてしまうという意味でしたね。

 

しかし、庭で咲いていた下の花、2日ほどはもちましたね。

 

これは花弁が少なめなのか、まだまともな感じの花。

 

f:id:Paradisia:20200702152246j:plain