光と風と薔薇と

移りゆく季節をなにげなく表現するブログ

今度はヒヨドリ

おはようございます♪

 

またまたサンルームで鳥がバタバタしてました。

 

別にトラップを仕掛けているわけではないのですが、横の扉を開けているので、そこから明るい室内へ入ってくるようです。

 

例によって、捕虫網で捕らえて、しばらく鳥かごで観察した後、リリース。どうやらヒヨドリのようです。

 

次はメジロでもやって来ないかな(笑)。

 

ヒヨドリ(鵯、Hypsipetes amaurotis)

スズメ目ヒヨドリ科ヒヨドリ属の鳥類。全長は約27.5 cm、翼開長は約40 cm。尾は長めで、くちばしは黒くて先がとがる。雌雄同色。頭部から胴体は灰色の羽毛に覆われるが、頬に褐色の部分があり、よく目立つ。

 

 

3例目の鳥

 

ブログで紹介するのは3例目の鳥ですね。

 

fleur.paradisia.jp

 

fleur.paradisia.jp

 

 

頬は褐色

スズメのようですが、比較的大きめです。

 

f:id:Paradisia:20200129175105j:plain

 

クチバシは黒くて、頬は褐色です。オスかメスか判別しにくいようで、不明です。

 

f:id:Paradisia:20200129173345j:plain

 

灰色系ですが、美しい胸の羽毛。

 

f:id:Paradisia:20200129173402j:plain

 

尾は長め

飛び回るには、鳥かごは狭く、長い尾がひっかかっていました。

 

f:id:Paradisia:20200129175038j:plain