光と風と薔薇と

移りゆく季節をなにげなく表現するブログ

一万三千尺物語号:あいの風とやま鉄道

おはようございます♪ 今日もぐずついた天気のようです。

 

写真は、高低差4,000mがテーマのダイニング列車、あいの風とやま鉄道の一万三千尺物語号です。

 

富山の海や山の幸を使った豪華な料理を楽しめるので、外観を撮ったり見たりしているより、乗ったほうが断然楽しい列車ですね。詳しくは、一万三千尺物語を。

 

土日のみ運行しています。今回は、富山湾鮨コースを撮りました。

富山駅を11時に出て、泊駅で折り返し、富山には13時07分に着く、富山県の東部をめぐるルートです。

 

 

一万三千尺物語号:泊行き

稲の二番穂が色づく田んぼの向こうに、11時10分、泊行きがやってきました。

 

f:id:Paradisia:20211128150157j:plain

 

三両編成です。三両目には大きなマークがあります。

 

f:id:Paradisia:20211128150208j:plain

 

左端の1号車 は、カウンター席+ボックス席で カウンター席にはお客さんが見えますね。先頭の3号車 は ボックス席のみです。

 

f:id:Paradisia:20211128150220j:plain

 

積雪の剱岳を背景に

12時56分、泊まり駅で折り返した列車がやってきました。急ぐ旅ではないので、わりとゆっくりと走っていきます。

 

f:id:Paradisia:20211201200354j:plain

 

剱岳には少し雲が。

 

f:id:Paradisia:20211128150232j:plain

 

後ろ姿です。

 

f:id:Paradisia:20211128152336j:plain