光と風と薔薇と

移りゆく季節をなにげなく表現するブログ

まんず咲くマンサク

早春にいち早く咲くことから、津軽弁(?)の「まんず咲く」(まず咲く)がなまったというのが一番もっともらしい、マンサク。
 
もじゃもじゃの花をたくさん咲かせてきました。
 
もっとも最近では、早咲きの梅などが、早くから頑張って咲いてますから、マンサク君もあせりそうです(笑)。
 

IT系のような

 
下は、ハマメリス・インテルメディアという品種、インテルメディアなんて、IT系のようですが、「マンサク(Hamamelis japonica)」と「シナマンサク(Hamamelis mollis)」との交雑種だそうで。このあたりは、日中友好のようですね。
 
細長いヒモ状の黄色の花びらが4枚というか4本。その奥の方には、赤茶色の小さなガクが4枚。黄色い花びらが落ちると、これが小さな花のように見えてきます。
 
 

f:id:Paradisia:20190226203719j:plain

ハマメリス・インテルメディア
 
ハマメリス・インテルメディアの系統には、いくつかの園芸種があります。下は、 ハマメリス・インテルメディアのティアーヌ、赤い花ですね。
 

f:id:Paradisia:20190226203931j:plain

ハマメリス・インテルメディア ティアーヌ
 
 
次は、レモン色のハマメリス・インテルメディアの「アーノルド・プロミス」

f:id:Paradisia:20190226204329j:plain

ハマメリス・インテルメディア アーノルド・プロミス