光と風と薔薇と

移りゆく季節をなにげなく表現するブログ

初夏が似合う花、ハナミズキ

おはようございます♪ きょうも晴れですが、それほど暑くはならないようです。

 

公園や街路樹で、ハナミズキの花が咲いています。

 

横に広がってたくさんの花をつける木、初夏の風景が似合う花ですね。

 

 

3回も切ったハナミズキ

我が家にもあったのですが、3回も切りました。。。なんだか、申し訳なく思う木ですね。

 

1本目は紅色で、よく覚えていないのですが、虫に食われたか、庭の模様替えだったかな。

2本目は、白で、大木になりバラに日陰を作るので。上の方で咲いて、目立たない花のこともありました。

3本目は、紅色で、テラスの影で育ちが悪くなったので。

 

最近、植えたはずのないところでハナミズキらしき木が育っています。鳥が種を運んだのでしょう、花はまだなので色は不明ですが、白なら切られる運命に。。。

 

 

青空が似合う花

以下の写真は、常願寺公園で。こちらは、華やかな紅い花。

 

f:id:Paradisia:20200512190911j:plain

 

花びら(苞ですが)が美しいのは意外と少ない。

 

f:id:Paradisia:20200512190431j:plain

 

白い花。上から見ることができるのは珍しいですね。

 

f:id:Paradisia:20200512190609j:plain

 

わかりにくいですが、白い花です。

 

f:id:Paradisia:20200512190521j:plain

 

シジミチョウ。

 

f:id:Paradisia:20200512191006j:plain

 

あまり好きではない樹形

ハナミズキの樹形は柿の木のようで、無骨です。木肌もゴツゴツして、あまり好きではありません(笑)。

ケヤキ(右)のように上に伸びる樹形や、株立のヒメシャラのようなしなやかな樹形が好みです。

 

f:id:Paradisia:20200508073543j:plain
f:id:Paradisia:20200508073533j:plain