光と風と薔薇と

移りゆく季節をなにげなく表現するブログ

咲いてきた両性花:ガクアジサイ

おはようございます♪ 今日も雨の日ですね。

 

ガクアジサイも終盤になり、小さな両性花が咲いています。

 

ちなみに、今まで目立って、ちやほやされてきたのは、まわりにある装飾花といわれる花。

 

一方、真ん中で咲く両性花は、小さくて地味ですが、種をつける花。ガクアジサイにとってはこれが本当の花なんです。

 

アジサイは、ガク咲きと手まり咲きに大別されます。今回は、ガク咲きのガクアジサイの両性花について紹介します。

 

 

ガクアジサイの両性花

ガクアジサイは、真ん中で咲く小さな花(両性花)と、まわりで咲く装飾花からなります。装飾花で花びらに見えるのはガクですね。

 

真ん中で咲く両性花は、小さな花で、4-5枚の小さな花びらとめしべやおしべがあり、種をつけます(稔性)。

 

ややこしいことに、装飾花の真ん中にも両性花がありますが、めしべは退化していて種をつけません(不稔性)。

 

まとめるとこんな感じです。

 

ガクアジサイ

 花の中心部:両性花 結実

 花の周囲:装飾花 大きなガク+両性花(めしべ退化、結実しない)

 

 

種をつける両性花

ガクアジサイの城ヶ崎です。真ん中で咲くのが両性花で、まわりにある大きな花は装飾花です。


 

ガクアジサイの伊豆の華、真ん中で咲くのが両性花。

 

 

庭のガクアジサイです。

 

 

ヤマアジサイの清澄。真ん中で咲く両性花。

 

 

ミューズファクトリー ドラゴンアイ。ピンクの装飾花とブルーの両性花。

 

 

コンペイトウ。

 

 

マクラタ。

 

 

種をつけない装飾花の両性花

庭のガクアジサイです。装飾花の真ん中で咲いています、

 

 

両性花が咲く頃になると、花びらはくたびれてきています。

 

 

ヤマアジサイの清澄。装飾花の両性花はほとんど見えません。咲き進むと装飾花はうなだれてきます。

 

 

 

あとがき

装飾花は華やかな色や形で虫たちを集めるようです。そして、両性花が咲いてくると、まわりにある装飾花はうなだれてきます。これは、種が飛びやすくするためとされています。