光と風と薔薇と

移りゆく季節をなにげなく表現するブログ

雨に降られた越中八尾・おわら風の盆:諏訪町

こんばんは♪ 今朝は、おわら風の盆の最終日に行ってきました。

 

ここ最近は、いつも最終日の3日の深夜遅く、正確には、4日の朝に行ってます。

1日から3日まではどちらかというと観光客のために踊る、といった感じですが、イベント最後の最終日には踊り子たちが自由に朝まで踊り明かします。

 

それと、通行規制が4日の午前1時に解除され、より近くの無料駐車場に入れるためです(笑)。

 

しかし、今年は、雨でほとんど踊りは見られませんでした。。。

ちなみに新聞によると、1日から3日までの3日間の人では17.5万人で、2011年以来8年ぶりに20万人を切ったそうです。曜日の関係と雨の影響が大きかったのでしょう。

 

撮影レンズなど

今回の撮影、カメラとレンズは、α7II+広角( Sigma 30mm F1.4 DC HSM)と、α7RII + 標準(SPEEDMASTER 50mm F0.95 )です。

全て開放で、表示以外は広角の組み合わせです。一脚は持っていきましたが、ほとんど手持ちです。

 

ハードディスクが壊れて過去の撮影データが見られないので、撮影条件は再検討でした。

今回、ISOはいずれも上限を1600に設定しています。

α7RII では、ISO AUTO低速限界機能が使えるので、シャッタースピードを、1/125秒にしました。これより遅いシャッタースピードになりそうだと、ISOが上がって露出を調整します。

 

次回への覚書ですが、暗い夜は、広角でもF1.4ではSSが遅くなって、苦しいです(笑)。SPEEDMASTER 50mm F0.95だと、ISO AUTO低速限界機能が有効に働きました。動く踊りでは、ピントは合わせにくいですが。

 

なお、ISO AUTO低速限界については、以下で説明しています。

 

www.paradisia.jp

雨の諏訪町

雨で濡れた諏訪町の石畳。午前3時前です。例年なら踊り子や見物客で賑わう場所も、ひっそりと静かです。何人かは軒下で待機しています。

SSは1/15秒、ISOは1600です。

f:id:Paradisia:20190904084245j:plain

 

雨が降る前になんとか諏訪町で。SSは1/25秒、ISOは1600です。

f:id:Paradisia:20190904121232j:plain

 

男踊り。保護フィルターをつけていたためか、緑色のぼんぼりのゴーストが映っています。

左は、SSは1/15秒、ISOは1600です。右は、SSは1/20秒、ISOは1600です。

f:id:Paradisia:20190904121529j:plain
f:id:Paradisia:20190904121859j:plain

 

ブルーに染まる石畳

午前5時過ぎ、空が白み始めるくる頃、ようやく雨が上がってきました。空の青さが石畳に映っています。

しかし、諏訪町の踊りは、再開されませんでした。。。雨で三味線や胡弓などの楽器が濡れることもあるのでしょう。

SSは1/60秒、ISOは1000です。色温度や彩度は撮ったままです。青を強調したりしていません(笑)。

f:id:Paradisia:20190904123502j:plain

 

雨宿りのできる街

この街は軒先が出ていて、祭りのシーズンには縁台を出している家々が多いので、雨宿りや休憩ができます。1/60秒、ISO1250。

f:id:Paradisia:20190904152721j:plain

 

帰りの禅寺橋へと続く坂道。例年になく、人や車が少なかったですね。井田川は雨で濁っています。SSは1/80秒、ISO100。

f:id:Paradisia:20190904153202j:plain