光と風と薔薇と

移りゆく季節をなにげなく表現するブログ

大輪のバラよりも大きいトウツバキ

春が近くなってきて、トウツバキがたくさん咲き始めました。逆に、この花が咲いてくると、次は、日本の椿・・・そして桜という感じですね。

 

トウツバキ、漢字で書くと、唐椿。中国雲南省の原産で、手のひらほどのサイズ。大輪のバラよりも大きい、とても豪華なツバキです。 

 

今回は、一番早くから咲いていた「菊弁」という品種を紹介します。桃色で花びらが多い種類です。 

 

f:id:Paradisia:20190217164837j:plain

トウツバキ・菊弁

 

八重より花びらが多い花を千重といったりしますが、花びら、100枚くらいはありそうですね。

 

 

 

f:id:Paradisia:20190217165021j:plain

トウツバキ・菊弁

咲き始めの、これくらいのころが バラに近い感じ。

 

 

 

f:id:Paradisia:20190217165205j:plain

トウツバキ・菊弁

真正面から。

 

 

ここ雲南温室はちょっと暗めなので、今回のレンズは明るめの「SPEEDMASTER 50mm F0.95 」。最短撮影距離が50センチなので、接写リングを使って迫っています。

 

 

富山県中央植物園・雲南温室

α7RII +  SPEEDMASTER 50mm F0.95