光と風と薔薇と

移りゆく季節をなにげなく表現するブログ

冬のタマアジサイ

冬の野に、タマアジサイの名残りが残ってました。
 
花びらのように見えるのは、ガクなので、葉脈をスケルトンにして残るんですね。雪で折れているのもあったりします。
 
それぞれ、現像(ライトルーム)段階で、色(色温度と色かぶり補正)などを変えています。
 
 

f:id:Paradisia:20190213182443j:plain

タマアジサイ

 

次は雪のためか、折れた枝。

f:id:Paradisia:20190213182528j:plain

タマアジサイ

 

 

f:id:Paradisia:20190213182605j:plain

タマアジサイ


撮影は、α7II + SPEEDMASTER 50mm F0.95
 
薄暗い日が続く冬の日は、開放F値が明るいこのレンズをよく使います。逆に、太陽が元気だと、1/8000秒でも露出オーバーに。。。
 
ピントが合った所以外は溶かすようにボケてくれます。もちろん、背景のごちゃごちゃは写りませんし。
 
ボディ内手ぶれ補正もあって、暗くても手持ちで十分ですが、よりシビアにピント位置を決めたいので一脚を使っています。
 
そのあたりは、一脚は便利で。